【葬式の豆知識】4つの葬式マナー

意外と知らない葬式マナーの写真

意外と知らない葬式マナー

葬式は結婚式のように、何か月か前にわかっていることではなく、ある日突然通知が来ることが多いので、服装や持ち物、マナーに関して不安に感じることが多いです。葬式と言っても宗教ごとやり方が異なり、仏教においても宗派によってお焼香の仕方など違うことがあります。そのため自分はどの宗教のお葬式に行くのかを把握することが大切で、もしわからない場合は事前に周りの人に聞く、実際に葬儀会場に入ったら周りの人のやり方を見て、自分も真似をする、ということが大切になってくるのです。仏教の場合、なじみがあるのでわかりやすいのですが、キリスト教や神式の場合どのようなマナーがあるのかわからないことがあります。キリスト教の時は、讃美歌や聖歌を歌い、最後にお焼香ではなく、献花をします。神式においては祭壇にて玉ぐしを奉奠し、二礼二拍手一礼をします。この時音をたててはいけません。音を立てて良いのは天理教の場合であるので、注意しましょう。仏教においても浄土真宗のように死後すぐに極楽浄土に行かれる、という考えがあったり、お焼香自体も1回で大丈夫とするところもあります。また、地域によっては通夜のあと火葬をしその後告別式を行うところもあり、通夜を重要と考えているところもあります。亡くなった方の顔を最後に見たかったのに、ということにならないよう、葬儀の前にはどのような流れで告別式などが行われていくのかを確認しておくと良いでしょう。

茨城での葬儀をするなら茨城のグランドセレモニーが良いですよ。